読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのがっさのしっぽ

ぬめらのぬめぬめにっき

環境意識チョッキ&オボン霊獣ボルト

化身ボルトへの恨みと、ついでにその取り巻きも睨めそうなポケモンとして今考えるなら、こいつかなあと。

 

f:id:kinoko_penguin:20150410163715g:plain

霊獣ボルトロス@チョッキorお盆
配分はいろいろ
10万/ボルチェン/めざ氷/気合い玉/サイキネ/草結び/焼き尽くす/悪波/悪巧み/電磁波など
 
こう雑にかくだけでいろいろ考えようがありそう。
 
チョッキを持つことでボルトへの繰り出しが安定する(H171D100から珠めざ氷確3)他、スイクンなどの冷ビをしょぼいダメージに抑えたりミトムなどの特殊との撃ち合いに強くなるなどのメリットがあり、Dに振りすぎる必要もなく火力を高くできる。
お盆はチョッキに比べ珠めざ氷への繰り出しに必要な努力値が増えるが、悪巧みを搭載できるというレボル本来の強みが発揮できる。
 
そんなわけで調整を考える。めざ氷理想を想定。
ボルトだけでなく取り巻きに対しても腐らないように汎用性を高めることを重視する。
 
 
①控えめHCベース@チョッキ
181-x-101-209-100-123
確定: 10万
優先: めざ氷/サイキネ
候補: ボルチェン/気合い玉/草結びなど
 
H-B: 233フレドラ14/16耐え
         200エッジ耐え
H-D: 211晴れオバヒ14/16耐え
         177珠めざ氷2耐え
C: D100ボルトに10万で106-126
     183-106ガブをめざ氷で15/16
 
Sをぎりぎりまで落として物理耐久に振り、物理方面への相手もできる型とした。
ボルチェンを採用する場合敢えてS121にしてガッサに抜かれるのもなしではないが、封じで大打撃を食らうので123でいいか?
DL対策がなっていないのでBを2だけHに回してもいいが233フレドラの乱数が2つずれるので注意。
Cをあと1上げるとD100ボルトへの10万の乱数がずれる。
 
メガバシャを意識した調整になっているが、チョッキにより両刀バシャを相手にできるため両刀だと思ったら違ったときのための保険にもなる程度で基本対面したくない。しかし対面した場合勝てるかどうかは重要なのでバシャを考えるとサイキネは優先度が高め。また有利対面で裏のガブランドマンムーあたりに一貫するため撃ちやすい。
スカガブにも殴り勝てるためボルトスイクンに強くスカガブバシャに対面で勝ててゲンガーガルドにも弱くはないので強そうではある。ウルガモスは知らん。
 
いろいろ数値がかつかつな上理想控えめめざ氷が手に入る気もしないので微調整が必要か。
C209は珠ダメ3回込みでボルトを突破できる確率をできるだけ上げたくて設定したが、わりと適当なのでもう少し練ってもいい。できるだけ下げたくはない。 
 
Sラインなどは各自適当に微調整すればいいと思う。
 
ここで問題になってくるのが、本来目的としている対ボルト性能。
珠ボルトこそ対面で勝てるが、HBやHSボルトには負ける可能性がある。
10万で184-100にお盆込6割の乱2である。つまり対面から巧みめざ氷めざ氷で落とされる可能性がある。Cを1上げると7割の乱2になるがどちらにせよ安定はしない。対面ですらこれなので悪巧みを安定させる場面での後出しは避けなければならない。
また今はあまりいないが穏やか悪巧みめざ氷には勝てない。
 
これを解決しようとしたのが次のお盆型である。
 
 
②控えめHCベース@お盆
②-1: 184-x-101-198-107-123
②-2: 184-x-96-203-107-123
確定: 10万
優先: 悪巧み/めざ氷/サイキネ
選択: 気合い玉/草結び/ボルチェンなど 
 
H-D: 177珠めざ氷お盆込み2%の乱2
H-B: ②-1: 233フレドラ15/16耐え
         ②-2: 200エッジ14/16耐え
C: ②-2: 183-105ガブをめざ氷で14/16
 
 1はバシャ対面を意識したもの。2はガブ対面を意識したもの。
 
悪巧みを持つことでお盆を貫通して化身ボルトに殴り勝てる。ので悪巧みはできる限りほしい。それにより本来の対受けル性能などもちゃんと持つことができる。
耐久ラインはよくいる化身ボルト程度なのでイメージしやすいと思う。
つよいのかどうかはよくわからないです。最近レボル流行ってるらしいし同じようなの使ってるひといっぱいいそう。
 
 
他の案としては200逆鱗お盆込み2耐えぐらいまで耐久にぶん回してもいいかもしれない。
 
 
記事を投下するタイミングがなかったので雑ですがこれで投下します。おわり。